1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 酉尽くし収集品ケッコー 日本郵船、戦前の絵はがき

酉尽くし収集品ケッコー 日本郵船、戦前の絵はがき

話題 | 神奈川新聞 | 2017年1月1日(日) 00:00

干支の「酉」や正月にちなんだ客船の絵はがきを展示する笠原さん=大さん橋
干支の「酉」や正月にちなんだ客船の絵はがきを展示する笠原さん=大さん橋

 海運大手の日本郵船が戦前に作成した「酉(とり)」や正月にちなんだ絵はがきが、横浜市中区の横浜港大さん橋国際客船ターミナルで展示されている。入場無料。

 絵はがきは豪華客船や貨客船の乗客らに乗船記念として配ったもの。収集家の笠原喜保さん(70)=川崎市宮前区=が3千枚近くのコレクションから今年の干支(えと)の酉にちなむ30枚を厳選した。

 鶏をはじめ、ウグイスやカモ、キジなどさまざまな鳥が金や銀を含む多色刷りで色鮮やかに描かれている。羽子板を持つ着物姿の少女など日本の正月の雰囲気を描いた絵はがきもある。

 米サンフランシスコ航路に就航し、その豪華さから「太平洋の女王」と親しまれた浅間丸の写真も展示。笠原さんは「日本の豊かな四季が外国人客らに伝わるように、動物や子どもなどをテーマに華やかな印刷を施したのだろう。いずれの絵はがきも肝心の船を小さく地味に扱っているのが面白い」と話す。

 問い合わせは大さん橋総合案内電話045(211)2304。

絵はがきに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング