1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 威勢よく復興の大神輿 稲毛神社の例大祭「川崎山王祭」

威勢よく復興の大神輿 稲毛神社の例大祭「川崎山王祭」

話題 | 神奈川新聞 | 2015年8月9日(日) 03:00

川崎山王祭の町内神輿連合渡御=川崎市役所前
川崎山王祭の町内神輿連合渡御=川崎市役所前

 川崎市川崎区宮本町の稲毛神社の例大祭「川崎山王祭」で8日、町内神輿(みこし)連合による渡御が行われ、祭りがピークを迎えた。

 周辺町内会の神輿約20基が川崎駅前の銀柳街や市役所周辺の繁華街を練り歩き、威勢のいい掛け声がビルの谷間に響いた。数百メートル続く神輿の行列は、神楽が踊られ、多くの露店が並ぶ同神社に向かった。

 同神社は、江戸時代まで「河崎山王社」と呼ばれ、東海道川崎宿の鎮守だった。祭りは、「孔雀(くじゃく)」と「玉」の2基の大神輿が氏子町内を巡行する9日の神幸祭まで。

 大神輿は戦後、「戦争でこんな姿になってしまったわれわれを、ぜひ神様に見てもらいたい」と、空襲で焼失した社殿より先に復興したという。

川崎駅に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング