1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 雌雄の「青龍」が村内練り歩く 清川で祭り

雌雄の「青龍」が村内練り歩く 清川で祭り

話題 | 神奈川新聞 | 2015年8月9日(日) 03:00

村内を練り歩く青龍=清川村
村内を練り歩く青龍=清川村

 清川村の夏を彩る「第29回青龍祭」(実行委員会、清川村、村教育委員会主催)が8日開かれ、浴衣姿の家族連れなど大勢の人々でにぎわった。

 竹やカヤなどで作られた体長20メートルの雄龍と雌龍が村立緑小学校に登場。入魂式の後、2頭は村の子どもらに引っ張られ、「ワッショイ、ワッショイ」の元気な掛け声とともに、メーン会場の村運動公園まで練り歩いた。

 実行委の五本木半三会長(51)による開幕宣言の後、同公園に設けられた特設ステージで清川幼稚園や空手道志会、フラダンスチームなどのアトラクションが行われ、観客から盛んな拍手を浴びていた。

 祭りのクライマックスとなる「昇龍の儀」では、青龍太鼓保存会による演奏で盛り上がる中、村民の祈願札を付けた青龍に火が放たれ、真夏の夜空を真っ赤に照らした。

 祭りは、江戸後期の伝説を基に、煤ケ谷地区で行われていた雨乞い行事にちなむ。1929年を最後に途絶えていたが、87年に現在の形で復活した。

青龍祭に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング