1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 座間で恒例「ひまわりまつり」 一面に10万本

座間で恒例「ひまわりまつり」 一面に10万本

話題 | 神奈川新聞 | 2015年7月24日(金) 03:00

強風で一部が倒れたものの、ヒマワリが元気に咲くひまわりまつりの会場 =座間市栗原
強風で一部が倒れたものの、ヒマワリが元気に咲くひまわりまつりの会場 =座間市栗原

 座間市の夏の風物詩「座間のひまわりまつり」が23日、同市栗原の畑で始まった。10万本ほどの大輪のヒマワリが咲く会場では、観光客が写真撮影を楽しんでいた。

 市観光協会によると、今年は最近の強風で3、4割が根元から倒れてしまった。ただ、倒れても花は開花しており、約1ヘクタールの会場に設置された2カ所の展望台から、一面にたくましく咲く姿を堪能できる。

 この日はベトナムから観光で来たツアー客20人も来場。ツアーを引率したゴ・ティ・ビック・ハンさん(40)は「旧正月で飾る縁起のいい花だが、ベトナムにはこれだけたくさん、まとまって咲いているところはない。みな感激している」と話していた。

 栗原会場は28日で終了。8月13~18日は、会場を同市新田宿の座間会場(4・5ヘクタール、45万本)に移して開かれる。

 問い合わせは、市商工観光課電話046(252)7604。

ヒマワリに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング