1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 無病息災願い茅の輪くぐり 横須賀・大津諏訪神社

無病息災願い茅の輪くぐり 横須賀・大津諏訪神社

話題 | 神奈川新聞 | 2015年7月1日(水) 03:00

茅の輪をくぐる来場者=大津諏訪神社
茅の輪をくぐる来場者=大津諏訪神社

 身をはらい清め、年末にかけての無病息災を願い、神事「夏越(なごし)の大祓(おおはらえ) 茅(ち)の輪くぐり」が30日、横須賀市大津町4丁目の大津諏訪神社で開かれた。

 カヤやわらで作った大きな輪「茅の輪」が登場するのが特徴で、くぐることで疫病を免れるとされる。この日、境内にはカヤを材料に作った直径約3メートルの茅の輪が登場。時間帯を2回に分け実施され、来場者は8の字を描くように、3回輪をくぐり、健康を願った。

 長女(3)と来ていた同市馬堀海岸の母親(38)は「娘が無事に成長してくれるように願いました」と話していた。

神事に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング