1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 「アーニって呼んで」 ズーラシアで日曜日に登場

「アーニって呼んで」 ズーラシアで日曜日に登場

話題 | 神奈川新聞 | 2015年6月19日(金) 03:00

愛称が「アーニ」と決まったアカアシドゥクラングールの赤ちゃん(ズーラシア提供)
愛称が「アーニ」と決まったアカアシドゥクラングールの赤ちゃん(ズーラシア提供)

愛称が「アーニ」と決まったアカアシドゥクラングールの赤ちゃん(ズーラシア提供)
愛称が「アーニ」と決まったアカアシドゥクラングールの赤ちゃん(ズーラシア提供)


 よこはま動物園ズーラシア(横浜市旭区)で4月23日に産まれたオナガザル科のアカアシドゥクラングールの赤ちゃん(雄)の愛称が「アーニ」に決まった。

 愛称は三つの候補があり、今月2日から14日までの投票で1186票が集まり、ベトナム語で「光」を意味するアーニが最多の655票を獲得した。

 同園によると、アカアシドゥクラングールはベトナム、ラオス、カンボジアの熱帯雨林、モンスーン林に群れで生息。木の葉を主食としている。

 米軍がベトナム戦争で使用した枯れ葉剤で生息地の大半が失われ、数が激減した。今も密猟が続き、国際自然保護連合のレッドリストで絶滅危惧種に指定されている。国内では同園だけで飼育されており、アーニを含め、7頭(雄4、雌3)がいる。

 アーニは毎週日曜日の午前9時半~午後1時半までアカアシドゥクラングール展示場で元気な姿を見られる。

よこはま動物園ズーラシアに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング