1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 平和の折り鶴を広島へ 親子連れら千羽折り上げ

平和の折り鶴を広島へ 親子連れら千羽折り上げ

話題 | 神奈川新聞 | 2015年5月24日(日) 03:00

スカウトの隊員と一緒に折り鶴を作る参加者 =イオンモール大和
スカウトの隊員と一緒に折り鶴を作る参加者 =イオンモール大和

 ボーイスカウト日本連盟が広島平和記念式典で献納する折り鶴を作る「全国ORIZURUキャラバン」を全国で展開している。神奈川では23日、大和市下鶴間のイオンモール大和が会場となり、親子連れやスカウトらが約千羽を折り上げた。

 同キャラバンは、約160の国と地域から約3万人が参加し、今夏に山口県などで開かれる世界最大級の国際キャンプ大会「世界スカウトジャンボリー」の一環。各国の代表が原爆ドームや広島平和記念資料館を見学し、核廃絶の意義を学ぶほか、8月6日の式典に参加し、折り鶴を納める。

 キャラバンの会場は都道府県ごとに1カ所のイオンモールで、1日ずつ設定。大和では、親子連れがスカウトの中高生から指導を受けるなどして、7・5センチ四方の折り紙で約千羽を作った。会場に持ち寄られた約3500羽を合わせ、約4500羽が集まった。

 綾瀬市の小学校5年生の本名豪輝君(10)は「平和のために役立つのはとてもよいと思う」と話しながら、折り鶴を作っていた。

折り鶴に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング