1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 会いに来てね 横浜・ズーラシアで赤ちゃん公開

会いに来てね 横浜・ズーラシアで赤ちゃん公開

話題 | 神奈川新聞 | 2015年4月18日(土) 03:00

限定公開され、人気を集めているボルネオオランウータンの「チェリア」 
限定公開され、人気を集めているボルネオオランウータンの「チェリア」 

 よこはま動物園ズーラシア(横浜市旭区)でアカアシドゥクラングール(オナガザル科)とボルネオオランウータン(ヒト科)の赤ちゃんが人気を集めている。愛称決定に合わせて実施している特別ガイド時限定の公開で、同園担当者は「愛らしい姿を見に来てほしい」と話している。

 園によると、アカアシドゥクラングールは主に木の葉を主食とするリーフイーター(葉食いザル)の仲間で、ベトナムやラオス、カンボジアの熱帯雨林などに生息。昨年8月に生まれた赤ちゃん(雄)の愛称は、投票で「ショーン」に決まった。ベトナム語で「活発」の意味で愛称通り、元気いっぱいに育っているという。普段は非公開の獣舎で飼育しているが、4、5月の日曜日午前11時45分から約15分間の限定で、飼育係員が赤ちゃんを抱きながら特別ガイドを行う。

 ボルネオオランウータンはボルネオ島に生息。昨年11月に生まれた赤ちゃん(雌)の愛称は、投票で「チェリア」に決まった。マレー語で「明るい」という意味で、性格の明るい子に育ってほしいとの願いを込めたという。

 特別ガイドは毎週土曜日と日曜日の午後2時から約15分間。飼育係員が赤ちゃんを抱いて生態などを紹介する。


愛らしい表情が魅力のアカアシドゥクラングールの「ショーン」
愛らしい表情が魅力のアカアシドゥクラングールの「ショーン」

よこはま動物園ズーラシアに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング