1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 大きくおいしい梨に 伊勢原市で授粉作業ピーク

大きくおいしい梨に 伊勢原市で授粉作業ピーク

話題 | 神奈川新聞 | 2015年4月14日(火) 03:00

めしべに花粉を付着させる多田さん
めしべに花粉を付着させる多田さん

 伊勢原市内でナシの白い花が咲き、人工授粉作業が行われている。このところ悪天候の日が多く、農家は授粉ができているか気をもんでいる。順調にいけば、夏に収穫期を迎えるという。

 同市田中の農家多田光正さん(61)方では、約40アールの畑で幸水や豊水などを栽培。今月から授粉作業を始め、先端に鳥の羽根がついた「花粉交配機」を使ってめしべに花粉を付着させている。多田さんは「近年にない天気の悪さで困っている。授粉の時期は晴れてくれるのが一番。形良く大きな果実に育ってほしい」と話している。

 同市は県内でも有数のナシの産地で、市内の栽培面積は約17ヘクタール、農家は65戸。収穫されたナシは宅配が6割近くを占めるほかは、直売が多いという。

宅配に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング