1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 「藤野の古道」地図で再現 来年1月まで展示会

「藤野の古道」地図で再現 来年1月まで展示会

話題 | 神奈川新聞 | 2016年12月10日(土) 10:36

「甲州裏街道」を写真と資料で再現した地図=吉野宿ふじや
「甲州裏街道」を写真と資料で再現した地図=吉野宿ふじや

 甲州街道の裏街道として知られる相模原市北部の古道をテーマにした企画展「藤野の古道と美しいやまなみ展」が同市緑区吉野にある市の施設「吉野宿ふじや」で開かれている。かつての面影を残す旧藤野町内の古道を紹介し、山と雲のスケッチ、山岳愛好家の写真も併せて展示している。入場無料で1月25日まで。

 地域の魅力を多くの人に知ってもらおうと、相模原市立博物館が主催し、地元住民でつくるNPO法人「ふじの里山くらぶ」、藤野観光協会、藤野山岳会の協力。

 かつて甲州街道(現在の国道20号)に比べて関所の通行料が安く、炭や柏の葉の輸送に利用されていた「甲州裏街道」。東京都八王子市・恩方から相模原市緑区・和田峠を経て佐野川地区、山梨県上野原市の鶴川に続くかつてのルートを1畳ほどの紙に再現しながら、写真や資料を添えて紹介している。

 また、陣馬山頂の茶屋でスケッチを描き続け、2010年4月に82歳で亡くなった清水辰江さんの作品を紹介する「25年余の陣馬山からのスケッチ」展も同時開催。富士山や丹沢の山並み、雲が繊細なタッチで描かれ、生涯に1300点ともいわれる作品のうち20点を展示している。

 東京都府中市から訪れた福井康二さん(39)、千裕さん(34)夫妻は「図書館にもない資料や、地元の冊子がたくさんあるのが魅力。地域の歴史が理解できる」と熱心に見学していた。

 藤野山岳会などの協力で登山用品の展示や「藤野の15名山」の紹介など、山岳関係者にも興味深い内容となっている。

 午前10時~午後4時。月曜と年末年始(28日~1月3日)は休館。問い合わせは、吉野宿ふじや電話042(687)5022。

展覧会に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング