1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 地域の課題に汗 インターンシップ成果で専大生が10日発表会

地域の課題に汗 インターンシップ成果で専大生が10日発表会

話題 | 神奈川新聞 | 2016年12月9日(金) 14:32

 専修大学は10日、学生173人による課題解決型インターンシップの成果発表会を川崎市多摩区東三田の生田校舎10号館で開く。

 学生が21チームに分かれ、地域の企業や商店街が抱える課題に8カ月間取り組んだ。民家園通り商店街(多摩区)の「夏祭り」と「食の祭典」や、「禅師丸柿まつり」(麻生区)の企画・運営に携わったのをはじめ、地元の本屋さんを盛り上げようと北野書店(幸区)で巨大なしゃぼん玉を使った子ども向け科学イベントなどを行った。

 発表は2部構成で、チーム代表による1分間スピーチによる概要紹介と、各ブースに分かれてのポスターセッションでの説明。「学生たちが知恵を絞り、地域のために取り組んだ成果をご覧いただけたら」と同大キャリアデザインセンター。

 午後1時から3時まで。入場無料だが事前に電子メール(career@acc.senshu-u.ac.jp)で申し込む。詳細は同大ホームページ。問い合わせは、同センター事務課電話044(911)7189。

インターンシップに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング