1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 京浜協同劇団が90回記念公演 12月2日から

京浜協同劇団が90回記念公演 12月2日から

話題 | 神奈川新聞 | 2016年11月30日(水) 14:00

 川崎のアマチュア劇団「京浜協同劇団」(藤井康雄代表、21人)が12月2日から、90回記念公演をスペース京浜(幸区古市場)で行う。

 近代戯曲の名作といわれる山本有三作の「嬰児(えいじ)殺し」と、岩手県の地域演劇の傑作といわれる川村光夫さん作の「めくらぶんど」の2本立て。前者は、貧しさゆえにわが子を殺した女性の苦悩と、同情しながらも連行する巡査の葛藤を描く。後者のタイトルは「飲めば目が見えなくなるというぶどう酒」のことで、密造酒を造る老人のストーリー。

 制作担当の城谷護さんは「ともに貧困をテーマにしており、50年、100年前の作品ながら、迫ってくるものがある。現代の貧困も深刻だからだろう」と話している。

 公演は2~4日と9~11日。平日は午後7時から、土日は午前11時と午後3時から。前売り大人2900円、学生1500円など。申し込みは、チケット専用電話090(4169)2637。

劇団に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング