1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 【バスストップ】東急・た63(5)荏子田三丁目 おやじバンド10周年

あざみ野駅▼荏子田三丁目▼満願寺▼たまプラーザ駅
【バスストップ】東急・た63(5)荏子田三丁目 おやじバンド10周年

話題 | 神奈川新聞 | 2020年8月23日(日) 18:00

 きょうで第100回を数えた当連載(れんさい)。節目の回にちなんで、記念すべき話題を紹介したい。


結成10周年のおやじロックバンド「エコダディーズ」=昨年9月、川崎市のフロンタウンさぎぬま(同バンド提供)
結成10周年のおやじロックバンド「エコダディーズ」=昨年9月、川崎市のフロンタウンさぎぬま(同バンド提供)

 荏子田(えこだ)(横浜市青葉区)のおやじバンド「エコダディーズ」が、今年で結成10周年を迎えた。同じ幼稚(ようち)園に子を通わせていた父親らが「仕事のない日にロック演奏を」と発案し、小学生の保護者が中心の「荏子田おやじの会」にも声を掛(か)け、有志6人で始動した。

 ボーカルは、おやじの会の初代会長でバンド最年長の冨山郁彦(とみやまいくひこ)さん(68)。吹奏(すいそう)楽の経験者で洋楽ロックには戸惑(とまど)いがあったが、「ビートルズの曲が主体と聞き、やる気が出ました」。現リーダーでギターの中村幸二(こうじ)さん(56)は「フォークソングの経験はあっても、ロックバンドは初めて」と振(ふ)り返る。

 ビートルズの「ゲット・バック」、イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」など、同世代が懐(なつ)かしむ40曲を習得。もともと音楽の素養(そよう)があるため、腕前(うでまえ)とノリが良い。「年1回の山中湖合宿と毎月の練習で楽譜(がくふ)を頭に入れ、原曲と同じ音程で“完全コピー”します」と冨山さん。2013年に中区で開かれた音楽祭「ヨコオトライブ」では、審査(しんさ)員特別賞に輝(かがや)いた。

 ライブは市北部や川崎などで約50回重ねた。10周年の記念公演は2月に開催(かいさい)し、新型コロナウイルスの影響を免れた。転勤や介護(かいご)など生活の変化で、おやじバンドは5年が限界とされる中、「10年続けられたのは、家族と地域の応援(おうえん)のおかげ」。現在の平均年齢(ねんれい)は57歳で、コロナ禍(か)の収束後は次の10年に向け再始動する。ベースの八重沢晃祥(やえざわあきよし)さん(53)は「パソコンで曲が作れる時代に『1、2、3、4、ジャーン!』と始まるロック生演奏の楽しさを伝えたい」。中村さんは「レパートリーを増やし、息長く続けたい」と意気込(ご)んだ。

(小学校高学年向けに、難しい漢字にふりがなを振りました)
【2020年5月21日掲載】

バスストップに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング