1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 湘南国際マラソン、「世界初」マイボトル持参大会に

湘南国際マラソン、「世界初」マイボトル持参大会に

話題 | 神奈川新聞 | 2020年8月4日(火) 22:12

開催は21年2月に変更


来年2月に変更された湘南国際マラソンをPRする大会関係者=4日午後、東京都港区
来年2月に変更された湘南国際マラソンをPRする大会関係者=4日午後、東京都港区

 湘南地域を代表するイベント「第15回湘南国際マラソン」の記者発表会が4日、東京都港区で開かれた。新型コロナウイルスへの対応として、開催日を当初予定の12月6日から来年2月28日に変更するほか、プラスチックごみの削減を図るためにランナーが「マイボトル」を携帯する新たな競技規則を設ける。事務局によると、大規模大会では世界初の“マイボトル・マラソン”になるという。

 ランナーは、スタート時に水やスポーツドリンクなどを入れたマイボトルを携帯。給水所でドリンクを補給する際に役立つマイカップの携帯も推奨する。従来のペットボトルや使い捨てカップでの給水は廃止する。これまで約3万1500本のペットボトルと50万個の使い捨てカップを用意してきたといい、約6トンの二酸化炭素(CO2)削減が期待できるとしている。


マイボトルを使った給水を実演した大会関係者=4日午後、東京都港区
マイボトルを使った給水を実演した大会関係者=4日午後、東京都港区

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

湘南国際マラソンに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング