1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 「クールシェルター」、524カ所に 熱中症防止で秦野市

「クールシェルター」、524カ所に 熱中症防止で秦野市

話題 | 神奈川新聞 | 2020年7月13日(月) 05:00

「クールシェルター」に指定された施設に掲示されるポスター。シロクマが描かれている
「クールシェルター」に指定された施設に掲示されるポスター。シロクマが描かれている

 熱中症を防ぐための一時的な休憩場所として、秦野市が公共施設や店舗を対象に指定を進めている「クールシェルター」の数が、今年は過去最多の524カ所になった。導入から8年が過ぎ、周知が進んだことが要因とみられ、市は「新型コロナウイルスに伴うマスクの着用で熱中症患者の増加も予想される」として利用を呼び掛ける。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

熱中症に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング