1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 通常の生活へ願いを 海老名市役所に七夕飾り

新型コロナ 
通常の生活へ願いを 海老名市役所に七夕飾り

話題 | 神奈川新聞 | 2020年7月7日(火) 05:00

海老名市役所に設置された七夕飾り(同市提供)
海老名市役所に設置された七夕飾り(同市提供)

 海老名市役所1階南側玄関に、高さ約3メートルの七夕飾りが登場した。新型コロナウイルス禍で多くのイベントが中止となる中、少しでも市民に笑顔になってもらおうと市が設置した。7日まで。

 竹は市職員の実家の竹林から切り出した。そばには短冊とペンも置き、来訪者が自由に書き込んで飾れるようになっている。

 短冊は、市域の輪郭を描いた長方形(縦14センチ、横10センチ)と、市のマスコット「えび~にゃ」のシルエットを描いた正方形(1辺10センチ)の2種類を用意。結び付けられた短冊には、「通常の生活に早く戻りますように」などと切実な願いも記されていた。

新型肺炎に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング