1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 三崎城や衣笠城の「御城印」登場 三浦一族の足跡発信へ

三崎城や衣笠城の「御城印」登場 三浦一族の足跡発信へ

話題 | 神奈川新聞 | 2020年6月23日(火) 05:00

三浦一族ゆかりの4城の御城印。衣笠城と怒田城、浦賀城と三崎城を合わせるとそれぞれ一つのデザインになる
三浦一族ゆかりの4城の御城印。衣笠城と怒田城、浦賀城と三崎城を合わせるとそれぞれ一つのデザインになる

 横須賀を中心に歴史を伝える活動をする山城ガールむつみさん(41)が、御朱印ならぬ「御城印」を作り、販売している。手掛けた四つの城は「三浦一族」にゆかりがある山城で、「一族の足跡を全国に発信したい」と意気込む。

 主に中世に山を利用して築かれた山城を巡るツアーを開催しているむつみさんは、横須賀市の衣笠、怒田、浦賀城と三浦市の三崎城の御城印を作成。いずれも三浦一族に関わりがある山城で「小さなマイナーな城や地域の歴史を広く知ってほしい」と企画した。

 2枚を並べると同一族の家紋や「安宅船」と呼ばれる軍船が完成するなどデザインも工夫。それぞれの城の解説も付けた。

 城の来訪記念証といえる御城印は現在全国300以上の城にあり、城を管理する自治体や保存団体などが手掛ける。はがきサイズの用紙に城名やゆかりのある家紋などがデザインされ、近年の御朱印ブームにあやかって人気が出ている。

 むつみさんの御城印は現地で買うわけではないが、「城を巡るきっかけに」と期待する。1枚300円(税込み)。購入はカフェ「クールクラン浦賀」(横須賀市浦賀1の8の3)か、むつみさんのホームページ(「歴×トキ」で検索)で。

観光に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング