1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 東京と伊豆諸島つなぐ新顔 「さるびあ丸」が横浜に初入港

動画
東京と伊豆諸島つなぐ新顔 「さるびあ丸」が横浜に初入港

話題 | 神奈川新聞 | 2020年6月17日(水) 05:00

 東海汽船(東京都港区)の新造貨客船「さるびあ丸」(6099トン)が15日夜、横浜港に初入港した。東京と伊豆諸島などをつなぐ航路で運航される同船は3代目で、25日に就航する。


横浜港に初入港した3代目の「さるびあ丸」=15日午後8時半ごろ、大さん橋
横浜港に初入港した3代目の「さるびあ丸」=15日午後8時半ごろ、大さん橋

 15日は安全確認の試運転で乗客はおらず、東京・竹芝から横浜港大さん橋国際客船ターミナル(横浜市中区)に寄港し、八丈島へと向かった。同社によると、大さん橋を経由する伊豆諸島航路は9月から、週末に運航するという。

 同船は全長118メートル、幅17メートル。電動式の推進器などを採用したことで燃費が向上し、環境にも配慮した。船体デザインは2020東京五輪・パラリンピックのエンブレムを手掛けた野老(ところ)朝雄氏が担当し、波を打ったような外観を採用した。

横浜港に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング