1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 横須賀・芦名町内会が850世帯にマスクを配布

新型コロナ
横須賀・芦名町内会が850世帯にマスクを配布

話題 | 神奈川新聞 | 2020年6月15日(月) 05:00

「芦名町内会」が850世帯にマスク配布
「芦名町内会」が850世帯にマスク配布

 横須賀市の芦名町内会が、会員約850世帯にマスクを7枚ずつ配布している。新型コロナウイルスの感染拡大はピークを過ぎたが、高橋正治会長は「流行の第2波の懸念もある。住民の健康確保に向け、共助の中核を担う町内会として役割を果たしたい」としている。

 パッケージに「頑張ろう!芦名」と結束を呼び掛けるシールを付けた。高橋会長は「お祭りなど恒例の町内会行事を中止せざるを得なくなった。こうしたときこそ、町内会の結束をマスクの配布を通して確認したい」と話す。共助の輪を広げようと、会員以外にも加入を呼び掛け、マスクを配る。問い合わせは芦名コミュニティーセンター電話046(856)8660。

新型コロナに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング