1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 横浜市内の飲食店を支援 NPOがネット寄付募る

新型コロナ
横浜市内の飲食店を支援 NPOがネット寄付募る

話題 | 神奈川新聞 | 2020年6月8日(月) 13:00

横浜ガストロノミ協議会のクラウドファンディングを紹介するホームページ
横浜ガストロノミ協議会のクラウドファンディングを紹介するホームページ

 「ハマの豊かな食文化を守りたい」─。新型コロナウイルス感染拡大で苦境にあえぐ横浜市内の飲食店を支えようと、地元のレストランシェフやホテル総料理長らでつくるNPO法人「横浜ガストロノミ協議会」がクラウドファンディング(CF)による支援金集めを始めた。

 応援は2通りで、希望するCF参加店の食事・買い物券(5千~30万円)を事前購入する方法と、食事券なしで参加店に全額支援(3千~10万円)する方法がある。参加店は、リストランテ・アッティモ、シェ・フルール横濱(いずれも西区)、日本料理梅林、ビストロ酒場マリンクラブ(いずれも中区)など16店舗(5月15日現在)。

 協議会は2007年に発足。小学校での食育授業や地産地消の取り組みといったボランティア活動で横浜の豊かな食文化を多くの人に伝え、食を通じた地域の活性化を図ってきた。

 事務局は「飲食店の活気を取り戻すことが地元の人たちの元気につながる。大好きな店、思い出の店がなくならないように協力してほしい」と呼び掛けている。CFは6月30日まで。詳細は協議会のホームページで。

クラウドファンディングに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング