1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 掘り出し物見つけて アート&骨董市5、6日

掘り出し物見つけて アート&骨董市5、6日

話題 | 神奈川新聞 | 2016年11月3日(木) 02:00

昨年11月に開かれた「アート+骨董マーケット」
昨年11月に開かれた「アート+骨董マーケット」

 吉田町にアートとアンティークが大集合-。横浜市中区吉田町のカフェで5、6日、「アート+骨(こっ)董(とう)マーケット」が開かれる。8回目となる今回は、隣接する多目的スタジオに会場を広げ、北欧のアンティーク食器やビンテージ家具、古書を展示販売する。

 同所で「アーキシップライブラリー&カフェ」とともに建築設計事務所を経営する建築家の飯田善彦さん(66)が企画。骨董品や美術品の収集が趣味の飯田さんが、知人や骨董市で出会った店主らに声を掛け、街の活性化を目指して2013年4月から毎年春と秋に開催している。

 掘り出し物を見つける骨董市の面白さに加え、飯田さんにはさらに狙いがある。「個性的な出品者との出会いにも魅力を感じる。普段、骨董市に行かない人たちも気軽に足を運んでほしい」と話す。当日は500円、千円均一といった初心者でも購入しやすいコーナーを設けるという。

 今回は、中区に点在するアーティスト、クリエーターの仕事場を一斉公開する「関内外OPEN!8」に合わせて開催する。飯田さんは「吉田町の人気イベントになるよう、これからも街のにぎわいにつながる企画を発信していきたい」と意気込む。

 午前11時~午後6時。入場無料。問い合わせは、飯田善彦建築工房電話045(326)6611。

アートフェスに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング