1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 横浜赤レンガでビール祭り 170種、過去最多3400席

横浜赤レンガでビール祭り 170種、過去最多3400席

話題 | 神奈川新聞 | 2018年9月28日(金) 20:58

「プロースト!」の掛け声とともにジョッキを片手に乾杯する来場者=横浜市中区の横浜赤レンガ倉庫
「プロースト!」の掛け声とともにジョッキを片手に乾杯する来場者=横浜市中区の横浜赤レンガ倉庫

 世界最大のドイツのビール祭りを再現した「横浜オクトーバーフェスト2018」が28日、横浜赤レンガ倉庫(横浜市中区)で始まった。来月14日まで。

 開催15周年の今年は、新たに開放的な空間の屋上テラス席やラグジュアリーなソファを設置した個室席を設け、座席数は過去最多の3400席に増席。ビールは170種類以上を取りそろえている。来月3日には横浜市民の入場料が無料になる「横浜市民THANKSDAY」を初めて実施する。

 オープニングセレモニーでは、横浜赤レンガ倉庫の五十嵐光晴社長が「ことしは大さん橋の客船が見える席なども用意した。いろいろな席でビールを楽しんでほしい」と呼び掛けた。

 ステージ上ではドイツ楽団が音楽や踊りを披露する中、来場者たちは本場のビールで喉を潤していた。

 夫婦で来ていた、同市西区の医師(66)は「ビールが好きで毎年のように来ている。雰囲気が最高」とジョッキを傾けていた。

 入場料300円(飲食代は別途)。問い合わせは、電話080(1026)4647。


ドイツ楽団がステージで演奏披露
ドイツ楽団がステージで演奏披露

ビア樽を開栓
ビア樽を開栓

横浜赤レンガ倉庫に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング