1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 児童の夢、力作並ぶ 記念艦「三笠」で模型コンクール 横須賀

児童の夢、力作並ぶ 記念艦「三笠」で模型コンクール 横須賀

話題 | 神奈川新聞 | 2018年9月18日(火) 12:51

小学生が手作りした船の模型591点がずらりと並ぶ会場=記念艦「三笠」
小学生が手作りした船の模型591点がずらりと並ぶ会場=記念艦「三笠」

 横須賀市内の小学生が夏休みに手作りした船の模型が10月10日まで、三笠公園内(同市稲岡町)の記念艦「三笠」に展示されている。三笠保存会主催のコンクールに応募した591点の作品で、15日には入賞者66人の表彰式が艦内で行われた。

 展示された作品は、子どもたちの「こんな船で旅ができたら楽しい」との願いがあふれている。牛乳パックやペットボトルなどの身近な材料を活用し、色紙や紙粘土なども用いて色彩や形を工夫。甲板に、合唱団や水族館、祭りの屋台などを置いたものや実在する船を精密に再現した力作も並ぶ。

 審査の結果、各学年から金賞と銀賞に1人、銅賞に3人、努力賞に全体で36人が選ばれた。表彰式で、保存会の荒川堯一理事長は「できたらいいな、あったらいいなという、夢いっぱいの作品をありがとう」とあいさつし、全員に表彰状を手渡した。三笠の観覧料は一般が600円、小・中学生が無料。

三笠に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング