1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. お薦めファッション競う 横浜の商店街で人気投票

お薦めファッション競う 横浜の商店街で人気投票

話題 | 神奈川新聞 | 2016年11月1日(火) 02:00

商店街関係者らがモデルで登場する「ガチコーデ」の冊子と投票はがき
商店街関係者らがモデルで登場する「ガチコーデ」の冊子と投票はがき

 横浜市内の商店街がファッションコーディネートを競い合う「ガチコーデ!」が、11月1日から30日まで初開催される。同市商店街総連合会(市商連)の人気企画「ガチ! シリーズ」の派生したもので、市内七つの商店街が参加。合計1万円以内という条件の下、各商店街が提案するコーディネートの中から、消費者による投票でナンバーワンを決定する。市商連は「物販店に足を運ぶきっかけになれば」と期待を寄せている。

 市商連の「ガチ! シリーズ」はコロッケやスイーツ、丼など、飲食店を対象としたさまざまな企画を展開。参加店舗、消費者の双方から好評を得ている。

 一方、物販店は他店との違いを出しづらく、大型店との競争でも苦戦を強いられているのが実情。「初めてだと入りづらい」との声も聞かれることから、「おしゃれなわが街をアピール」する企画に至った。「ガチで欲しい横浜の商店街1万円コーディネートコレクション」が正式名称だ。

 参加するのは六角橋商店街(神奈川区)、丸山台いちょう坂商店街(港南区)、本牧リボンファンストリート(中区)、横浜弘明寺商店街(南区)、横浜ワールドポーターズ(中区)、サンモール洋光台(磯子区)、和田町商店街(保土ケ谷区)。

 各商店街の関係者がモデルとなり、各店舗が出し合ったお薦めの洋服や靴などを着用。「若者女性」「シニア男性」など、カテゴリーごとに分類された計21のコーディネートを紹介した冊子を1万部作成し、市役所や参加商店街などに置いた。

 投票はがきやホームページなどから応募する。応募者の中から抽選で、同シリーズのTシャツが当たる。12月中旬ごろには金・銀・銅賞を発表予定。

 市商連の加藤剛事業部長は「企画を通じ、商店街内部の結束力が強まったように思う。多くの人に、投票に参加してもらいたい」と呼び掛けている。

 問い合わせは市商連電話045(250)6613。

商店街に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング