1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 「核の傘に頼るな」 ICAN川崎さん、秦野で講演

「核の傘に頼るな」 ICAN川崎さん、秦野で講演

話題 | 神奈川新聞 | 2018年8月15日(水) 02:00

ICANの活動を語る川崎さん =秦野市柳町の市西公民館
ICANの活動を語る川崎さん =秦野市柳町の市西公民館

 昨年のノーベル平和賞を受賞した非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の国際運営委員を務める川崎哲さんの講演会が13日、秦野市柳町の市西公民館で開かれた。市民団体「いいなイエロー市民の会@はだの」の主催で、約120人が来場した。

 川崎さんは日本政府の核兵器禁止条約参加に向け「被爆国が参加していない事実が十分知られていない」とし、「議論を起こすことが皆さんにできること。次のアクションを起こしてほしい」と呼び掛けた。

 日本がプルトニウム約47トンを保有することにも触れ、世界には1万4450発の核兵器が存在するとし、「(核兵器を)絶対に作らせない仕組みを築かないといけない。それが核廃絶だ」と述べた。

 核兵器保有国と非保有国双方を橋渡しし、条約に参加しない意思を表明した安倍晋三首相について「けむに巻かれてはいけない。国会議員にちゃんとした議論をしてもらわなければいけない」と語り、核の傘に頼らない社会の必要性を強調した。

核兵器に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング