1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 現代に〝ペリー来航〟? 横須賀市、VRアプリで再現

現代に〝ペリー来航〟? 横須賀市、VRアプリで再現

話題 | 神奈川新聞 | 2020年5月7日(木) 05:00

VRで再現された久里浜へのペリー上陸の様子(横須賀市提供)
VRで再現された久里浜へのペリー上陸の様子(横須賀市提供)

 横須賀市内の近代化遺産を巡る「ルートミュージアム」構想を進めている同市は、ペリー来航の様子や明治期の砲台跡をVR(仮想現実)を使って紹介するスマートフォンアプリコンテンツを制作した。

 無料で提供されている歴史散策VRアプリ「ストリートミュージアム」内に「近代化と横須賀VR」を開設。360度のパノラマ画像や動画を使って、ペリーの浦賀来航や久里浜上陸など当時の様子を再現し、音声で解説が流れる仕組み。

 海からの攻撃に備えて明治時代に造られた国史跡「千代ケ崎砲台跡」や「走水低砲台跡」の違いも分かりやすく説明している。

 VR画像・動画は、市内の東叶神社や浦賀ドック周辺、ペリー公園、両砲台跡付近限定で見られ、現在の実際の景色と見比べられる。GPS機能を使い、現在地と周辺の観光スポットを表示して散策できる。

 コンテンツは昨年の横須賀製鉄所に続く第2弾。内閣府の地方創生推進交付金を活用し、公募型プロポーザルにより民間委託で制作した。問い合わせは、市文化振興課電話046(822)9478。

VRに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング