1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 特産「多摩川梨」、甘さ十分 川崎で品評会

特産「多摩川梨」、甘さ十分 川崎で品評会

話題 | 神奈川新聞 | 2018年8月11日(土) 12:20

多摩川梨やブドウの出来栄えが審査された品評会=セレサモス宮前店
多摩川梨やブドウの出来栄えが審査された品評会=セレサモス宮前店

 一足先に秋の実り-。川崎市の特産「多摩川梨」とブドウの品評会が10日、川崎市宮前区宮崎のJAセレサ川崎の大型直売所セレサモス宮前店で行われた。

 生産者の技術の向上などを目的に、市と同JAが毎年前期と後期に分けて開いている。この日は前期で幸水などのナシ86点、「藤稔(ふじみのり)」などのブドウ16点が出品され、大きさや形、糖度、色つやの良さなどが審査された。

 組合長は「今年は開花が早く、1週間前倒しで品評会を開いた。心配された台風12号、13号の農作物への被害もなかった。市民の皆さまに都市農業への理解を深めていただけたら」と話した。猛暑が続き、ナシは全体的に小ぶりだが、甘さは十分という。

 品評会の後、市民向けの即売も行われた。後期は24日、市農業技術支援センター(多摩区菅仙谷)で行われる。

梨に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング