1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. レトロモダンにリニューアル完了 向ケ丘遊園駅・北口駅舎

レトロモダンにリニューアル完了 向ケ丘遊園駅・北口駅舎

話題 | 神奈川新聞 | 2020年4月2日(木) 11:30

新たにライトアップされるようになった向ケ丘遊園駅の北口駅舎=川崎市多摩区登戸(小田急電鉄提供)
新たにライトアップされるようになった向ケ丘遊園駅の北口駅舎=川崎市多摩区登戸(小田急電鉄提供)

 小田急電鉄は1日、改修工事を進めてきた向ケ丘遊園駅(川崎市多摩区)の北口駅舎の供用を開始した。昨年4月には南口駅舎と跨線橋(こせんきょう)の改修を終えており、「ナチュラル・レトロモダン」をコンセプトに2018年8月から取り組んできた同駅のリニューアル工事は全て完了した。

 同社によると、北口駅舎は1927年の開業時から残るユニークなマンサード型屋根(腰折れ屋根)が特徴。当時の面影を残しつつ外装を一新し、ライトアップ機能も設けて夜間に幻想的な演出を施す。

 また、コンコースは開放感のある吹き抜け天井を採用し、照明もモダンなデザインの発光ダイオード(LED)型へ変更した。改札口付近にはデジタルサイネージも新設し、紙ポスターに代わって日々の暮らしやイベント、観光情報などを発信していく。

 同社は「多くのお客さまに親しまれる駅を目指していきたい」としている。

小田急電鉄に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング