1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 友好のマスク2万枚 中国・双流区と市内企業 厚木市に

新型コロナ
友好のマスク2万枚 中国・双流区と市内企業 厚木市に

話題 | 神奈川新聞 | 2020年3月29日(日) 05:00

インターネットを介して行われたマスクの寄贈式=厚木市役所
インターネットを介して行われたマスクの寄贈式=厚木市役所

 中国四川省成都市双流区が27日、マスク1万枚を厚木市に寄贈した。同区でマスクの材料を調達する市内の製造メーカーが懸け橋になり、同社も1万枚を寄付した。

 「中国が苦しい時に支援してくれた日本に感謝を伝えたい」。マスク製造会社「XINS(シンズ)」(同市栄町)代表取締役の徐鑫(ジョシン)さんは同区からそう言われ、市を紹介。徐さん自身も、市の起業支援事業を受けて会社を起こした。「中国と日本の懸け橋になるのが夢だった。実現できてうれしい」と喜んだ。

 寄贈式はインターネットを介して行われ、リー・ヤン・ジュン副区長が「ともに困難を乗り越え、友好関係を築きたい」と話すと、小林常良市長も「これを契機に交流を深めたい」と応じた。市は1月、友好都市の江蘇省揚州市に医療用マスクなどを寄付した。今回受け取ったマスク2万枚を病院や小中学校、障害者施設などに配布する。

新型コロナに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング