1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 箱根・仙石原で恒例の「火入れ」

箱根・仙石原で恒例の「火入れ」

話題 | 神奈川新聞 | 2020年3月20日(金) 05:00

植生保護のために行われた火入れ=箱根町仙石原
植生保護のために行われた火入れ=箱根町仙石原

 箱根湿生花園(箱根町仙石原)は19日、隣接する「仙石原湿原植生復元区」で恒例の火入れを行った。トーチを手にした職員が風下から火を付けると大きな炎が上がり、約45分ほどでヨシやススキ、ノハナショウブの枯れ草約1ヘクタールを焼いた。

【20日再開】箱根登山ケーブルカー、赤と青の新型車両披露

 同園の松江大輔学芸員によると、火入れは植生保護のため1989年から毎年実施。草刈りと並行して実施することで植物の種類が豊富になるほか、樹木の繁茂を防ぎ草原の環境を効率よく維持できる。今後は冬の間に土中に落ちた種子が、5月ごろに芽吹くという。

火入れに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング