1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 今年も安全祈願、西丹沢が20日山開き

今年も安全祈願、西丹沢が20日山開き

話題 | 神奈川新聞 | 2018年5月18日(金) 13:41

2016年5月に開かれた山開きの神事
2016年5月に開かれた山開きの神事

 登山客の安全を祈願し、西丹沢ビジターセンター前で20日、山開きが行われる。山北町観光協会主催で56回目。

 同協会や同センターによると、同町などの檜洞丸(ひのきぼらまる)(標高1601メートル)の山頂付近のシロヤシオツツジが咲く時期には登山客がピークとなり、例年開花に合わせて山開きを開催している。ことしは例年よりも10日から2週間ほど早く開花しており、20日ごろにかけて満開を迎えるという。

 山開きでは、神職による神事が執り行われるほか、町民有志がコーラスを披露。安全登山木札が先着300人に無料配布され、檜洞丸がデザインされた、ことし限定の記念バッジも600円で販売される。

 同協会は「楽しむのが一番だが、甘く見ると遭難の可能性もある。安全についても心掛けてもらえたら」と呼び掛けている。

 午前8時から。問い合わせは、同協会電話0465(75)2717。

山開きに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング