1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 横須賀の旧海軍戦没者墓地、市民有志がアジサイ植樹

横須賀の旧海軍戦没者墓地、市民有志がアジサイ植樹

話題 | 神奈川新聞 | 2020年3月11日(水) 11:30

高校生に代わって通路沿いなどにアジサイを植える横須賀南西ロータリークラブのメンバー=横須賀市根岸町の馬門山墓地
高校生に代わって通路沿いなどにアジサイを植える横須賀南西ロータリークラブのメンバー=横須賀市根岸町の馬門山墓地

 旧海軍の戦死者ら計1592人が眠る横須賀市営「馬門山(まもんざん)墓地」(同市根岸町)で7日、横須賀南西ロータリークラブ(赤木慎一郎会長)などによるアジサイの植樹が行われた。

 同クラブメンバーら地域住民有志約20人が通路沿いなどに31株を植樹。湘南学院高校の生徒31人が1株ずつ植える予定だったが、新型コロナウイルスの予防対策で欠席したという。赤木会長は「残念ながら参加できなかった生徒たちの分まで気持ちを込めた。地域にとって大事な場所で、来年以降もこうした活動を続けていきたい」と話した。

 1882年、旧海軍の埋葬地として設立され「海軍墓地」とも呼ばれる。第2次大戦後、海軍省の廃止に伴い同市へ譲与された。

 海上自衛隊OBらで組織する公益財団法人「水交会」が墓石の修復を行い、大津地区連合町内会や横須賀水交会の有志らが清掃活動を続けるなど、130年以上にわたり多くのボランティアの支えで維持されている。

太平洋戦争に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング