1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 帆船日本丸で帆を張る体験会 総帆展帆も

帆船日本丸で帆を張る体験会 総帆展帆も

話題 | 神奈川新聞 | 2018年4月30日(月) 02:00

力を合わせてロープを引っ張り、帆を張る子どもたち=帆船日本丸
力を合わせてロープを引っ張り、帆を張る子どもたち=帆船日本丸

 横浜・みなとみらい21(MM21)地区で保存公開されている帆船日本丸で29日、子どもたちが帆を張る作業に挑戦した。全ての帆を広げる総帆(そうはん)展帆(てんぱん)も披露され、大勢の市民らが見守った。

 帆を張る作業は、普段は訓練を受けた人だけが参加する。「体験を通じ、国の重要文化財に指定された日本丸を身近に感じてほしい」と、帆船日本丸記念財団が年に6回程度、親子向けに特別開催している。

 この日は計106人の親子が参加。子どもたちは1等航海士の号令に合わせて「わっしょい」と声を上げながら長いロープを引っ張り、1枚の大きな帆を広げた。

 午前中には、市民ボランティア約100人が4本のマストに登って帆を広げる総帆展帆を行っており、最後に子どもたちが掲げた1枚で29枚全ての帆がそろった。

 純白の帆を広げた姿から「太平洋の白鳥」との愛称があることを初めて知った川崎市宮前区の姉妹は「ロープを引っ張るのは大変だったけど、楽しかった。マストに登って帆を張る作業に参加してみたい」と笑顔で話していた。

帆船日本丸に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング