1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 座間大凧、本番へ準備着々 市民ら「糸目付け」

座間大凧、本番へ準備着々 市民ら「糸目付け」

話題 | 神奈川新聞 | 2018年4月23日(月) 02:00

糸を結んだ大凧の骨組みを起こす参加者=相模川河川敷
糸を結んだ大凧の骨組みを起こす参加者=相模川河川敷

 5月4、5の両日に相模川河川敷で開かれる「座間市大凧(おおだこ)まつり」に向けて、大凧づくりの最終工程「糸目付け」が22日、同河川敷で行われた。市大凧保存会のメンバーや市職員有志、地域住民、米陸軍キャンプ座間の関係者ら数十人が参加した。

 糸目は、約13メートル四方の大凧に付けられ、引き綱に延びる計47本の糸で、太さ約1センチ、長さ約80メートル。大凧の形を維持しながら、空に揚がったときに風を受ける角度を決める役割を果たす。

 この日は寝かせた状態の大凧の骨組みに糸を結び、その後、骨組みを起こして張り具合を調整した。同保存会の福井孝光さん(71)は「きょうは風が緩やかで順調に作業が進んだ。当日、良い風を期待し、無事に揚げてお客さんに喜んでもらいたい」と意気込んでいた。

 大凧は例年100人以上の参加者によって揚げられている。同まつりは午前10時~午後4時(開会式は4日午前9時から)。

こちらもおすすめ

大凧に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング