1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 伊勢原の日向薬師に新キャラ 伝統儀式かわいくPR

伊勢原の日向薬師に新キャラ 伝統儀式かわいくPR

話題 | 神奈川新聞 | 2018年4月9日(月) 15:25

しゅげんちゃんのキーホルダーと厄よけステッカー
しゅげんちゃんのキーホルダーと厄よけステッカー

 日本三大薬師の一つ、日向薬師(伊勢原市日向)の例大祭で行われる儀式「神木(しぎ)のぼり」の修験者をイメージしたゆるキャラ「しゅげんちゃん」が完成した。昨年、市の無形民俗文化財に登録されたことを記念し、地元保存会が「子どもたちに知ってもらいたい」と企画した。さっそくキーホルダーと厄よけステッカーが制作され、1日に発売された。

 神木のぼりは、山伏姿の修験者が峰入り修行の前後に、安全祈願のために行ったもの。約5メートルの高さのシイの木に登り、行の満願成就と参拝者の安穏平和を祈る。


昨年の例大祭で披露された「神木のぼり」=日向薬師
昨年の例大祭で披露された「神木のぼり」=日向薬師

 起源は不明だが、江戸時代後期の1817年の「江戸名所図会」に記載があり、「当時、既に広く知られた儀式だった」(市教育総務課)という。明治時代初期に修験が禁止されると一度は途絶えたものの、1974年に復活し、春の例大祭で披露されている。

 昨年3月、「相模地域の山伏の姿を今に伝える数少ない貴重な行事」と市が文化財に登録した。これを受け、「宝城坊神木のぼり保存会」が市観光協会にゆるキャラのデザイン制作を依頼した。

 ステッカーには祈願文「家内安全 息災延命」などの文言を添えた。キーホルダーとステッカーはともに一つ350円(税込み)で、小田急線伊勢原駅の同協会で発売中だ。同保存会は「ステッカーを車や玄関に貼って使ってほしい」と話している。

 今年の春の例大祭は15日に開催。神木のぼりは午後1時から。抽選でステッカー、キーホルダーのプレゼントも行われる。

 問い合わせは、日向薬師電話0463(95)1416。

ゆるキャラに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング