1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 川崎港の魅力伝える 児童絵画を表彰

川崎港の魅力伝える 児童絵画を表彰

話題 | 神奈川新聞 | 2018年3月19日(月) 10:48

表彰される細谷さん(中央)ら
表彰される細谷さん(中央)ら

 第7回川崎マリエン写真・児童絵画コンクール(川崎港振興協会主催、神奈川新聞社など後援)の表彰式が18日、川崎市川崎区東扇島の川崎マリエンで行われ、入賞者と家族ら約120人が出席した。

 受賞したのは、港の魅力や役割を鮮やかなタッチや構図で伝える作品計47点。表彰式では、同協会の斎藤文夫会長が「児童絵画は過去最多の327点の応募があり、どれも素晴らしい作品で選ぶのに苦労しました」とたたえた。写真の部の小島満男さん(82)=幸区=とともに、2年連続の金賞に輝いた児童絵画の部の同市立南野川小学校6年の細谷璃紗さん(12)=宮前区=はマリエンのビーチコートでプレーする選手を描いた。「川崎港はきれいな場所が多く、描くのも苦にならなかった」と笑顔を見せていた。

 入賞作品は27日まで、川崎マリエン交流棟で展示している。

川崎港に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング