1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 逗子のトンネル通行再開

逗子のトンネル通行再開

話題 | 神奈川新聞 | 2018年3月1日(木) 02:00

通行が再開された神武寺トンネル=逗子市池子
通行が再開された神武寺トンネル=逗子市池子

 拡幅工事のため車両通行止めになっていた逗子市の池子地区と沼間地区を結ぶ神武寺トンネルの通行が28日、再開された。3月下旬ごろまで工事は続く予定だが、車両が通行する準備が整った。

 トンネルはJR東逗子駅と京急線神武寺駅をつなぐ市道にある。片側1車線で長さ80・5メートル、幅6・8メートルだったが、歩道が狭くて人がすれ違いにくかったため、拡幅を要望する声が市に寄せられていた。

 工事は2016年11月から8億8千万円をかけ、歩行者の通行は継続したまま実施。長さ127メートル、幅12メートルとなり、車道部と歩道部がそれぞれ1メートル以上広がった。

 この日行われた開通式で平井竜一市長は「広くてきれい、安全に通れるトンネルが完成した。市にとって財産になる」と喜んだ。

 今後も照明設置工事などは続き、終了は3月30日を予定している。終了までの間、車両は午前9時~午後5時は片側通行で、夜間は全面通行できる。

再開発に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング