1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 高齢者を見守り 地域で連携 荏田で準備会

高齢者を見守り 地域で連携 荏田で準備会

話題 | 神奈川新聞 | 2018年2月23日(金) 02:00

高齢者の見守り活動への協力を呼び掛けた「荏田お困り事ネットワーク」の準備会 =横浜市荏田地域ケアプラザ
高齢者の見守り活動への協力を呼び掛けた「荏田お困り事ネットワーク」の準備会 =横浜市荏田地域ケアプラザ

 横浜市青葉区の荏田地区で高齢者の見守り活動を行う「荏田お困り事ネットワーク」の設立に向けた準備会が21日、同区の市荏田地域ケアプラザで開かれ、地域福祉の関係者が地元の商店や事業所に連携を呼び掛けた。

 荏田地区で誰もが安心して暮らせる地域包括ケアシステムの確立を目指す地域グループ「エンジョイ荏田塾たけのこクラブ(EETC)」が主催し、15団体約40人が参加。隅田幸一代表がEETCの活動概要を紹介した後、企業や商店、病院・薬局などの関係者に向けて、日常業務の中でいつもと違って何かおかしいと感じる人がいた場合、専門の相談機関に連絡する「緩やかな見守り」の協力を訴えた。

 また協力のメリットとして(1)「えだ見守り協力店」に認定(2)ケアプラザ広報紙などでの紹介による荏田地区での知名度アップ(3)認知症が疑われる顧客への対応方法の習得-などを挙げ、会員登録を求めた。

 参加した廣田(ひろた)商事(新聞店)の廣田拓人専務は「日々の新聞配達を通じて高齢者を見守り、地域福祉の役に立ちたい」と話していた。

福祉に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング