1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 年代超えて「パラフェスタ」 横浜で27日まで

年代超えて「パラフェスタ」 横浜で27日まで

話題 | 神奈川新聞 | 2018年1月21日(日) 02:00

さまざまな年代の人が楽しんだタップダンスのワークショップ=栄公会堂
さまざまな年代の人が楽しんだタップダンスのワークショップ=栄公会堂

 誰もが参加できるアートとスポーツの祭典「パラフェスタ♥さかえ」が20日、栄公会堂、同スポーツセンター(横浜市栄区)で始まった。27日まで。

 アスリートらと、年齢や性別、障害の有無などを問わず、さまざまな人が同じ立場でアートとスポーツを共に楽しむことが目的。ものづくりをしたり、体を動かしたりするワークショップや、車いすラグビーなど障害者スポーツの体験や写真展示などが楽しめる。

 ダンサーの、おどるなつこさんによるタップダンスワークショップには、幼児から大人までの約10人が参加。障害のある人が作ったタップシューズの金具を付けた特製の布靴を履き、なつこさんの指導を受けた。童謡に合わせて足を踏み鳴らしたり、思い思いのポーズを決めたりしながら基本のリズムを覚え、音楽に合わせて全員でダンスを踊った。

 親子で参加した上原香絵さん(31)=東京都品川区=は、「簡単そうに見えて、思うように足を動かすのが難しかった。みんな笑顔でやっていて、楽しめた」。娘の美月ちゃん(6)も、「楽しかった」と独特の音に耳を傾けていた。

 写真などの展示は会期中毎日行われる。ワークショップは21、27の両日、車いすバスケットボールとボッチャは27日に体験できる。

障害者スポーツに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング