1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 旬のイチゴいかが 平塚

旬のイチゴいかが 平塚

話題 | 神奈川新聞 | 2018年1月17日(水) 02:00

出荷期を迎えた平塚産のイチゴ=平塚市寺田縄
出荷期を迎えた平塚産のイチゴ=平塚市寺田縄

 県内有数のイチゴの産地として知られる平塚市で、旬を迎えたイチゴの出荷が最盛期を迎えている。市内約20の農家が所属するJA湘南いちご部会長の石塚宣吉さん(52)の農園でも、赤く丸々と育った実が収穫の時を待っている。

 石塚部会長によると、昨秋の長雨と冷え込みで成長は遅れたが、昨年12月下旬からの出荷時期には間に合ったという。定番の「とちおとめ」や、酸味が少なく口当たりの良い「やよいひめ」が順調に育ち、今年4月末までの1シーズンで約4千パックを出荷するという。

 石塚さんは「平塚のイチゴは市場からの評価が高い。その期待に応えていきたい」と話していた。

 平塚産のイチゴは、JA湘南大型直売所「あさつゆ広場」などで販売される。問い合わせは、同広場電話0463(59)8304。

イチゴに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング