1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 摘みたてを頬張り 横須賀の観光農園で恒例のイチゴ狩り

摘みたてを頬張り 横須賀の観光農園で恒例のイチゴ狩り

話題 | 神奈川新聞 | 2018年1月4日(木) 02:00

イチゴの摘み取りを楽しむ子ども=津久井浜観光農園
イチゴの摘み取りを楽しむ子ども=津久井浜観光農園

 横須賀市津久井の津久井浜観光農園で、恒例のイチゴ狩りが始まった。3日は家族連れなどが訪れ、真っ赤に色づいたイチゴの摘み取りを楽しんだ。5月5日まで。

 同農園では、14軒の農家がビニールハウス約40棟(計約3ヘクタール)で、「紅ほっぺ」や「やよいひめ」などの品種を栽培。来場者は練乳をつけるなどして摘みたてを頬張り、一足早い“春”の訪れを堪能した。

 相模原市南区の主婦(38)は「毎年来ているが、この時期が一番甘みが濃厚」。20個食べた次女(3)は「甘くておいしかった」と笑顔だった。

 午前9時~午後3時。30分食べ放題で、入園料は1月5日までが1900円(3歳以上)。同6日以降の入園料などの問い合わせは、現地案内所電話046(849)5001。

イチゴに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング