1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 大山で幽玄の世界堪能 6日、最終日

大山で幽玄の世界堪能 6日、最終日

話題 | 神奈川新聞 | 2016年10月6日(木) 02:00

大山火祭薪能で演じられた「羽衣」 =大山阿夫利神社
大山火祭薪能で演じられた「羽衣」 =大山阿夫利神社

 「大山火祭(ひまつり)薪能(たきぎのう)」が5日、伊勢原市大山の大山阿夫利(あふり)神社で始まった。

 かがり火がたかれた境内では、約千人の観衆が集まり、幽玄の世界を堪能した。能は26世観世宗家の観世清和さんによる「羽衣」、山階彌右衛門さんによる「一人翁」、狂言は山本東次郎さんによる「箕被(みかずき)」などが演じられた。

 最終日の6日は午後4時から。当日券は4千円。問い合わせは、同神社電話0463(95)2006。 

伝統芸能に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング