1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. エヴァ〝聖地〟盛り上げへ 「箱根エヴァ化計画」

動画
エヴァ〝聖地〟盛り上げへ 「箱根エヴァ化計画」

話題 | 神奈川新聞 | 2020年1月10日(金) 05:00

 箱根を舞台にした人気アニメ「エヴァンゲリオン」の新作映画公開に向け、半年間にわたる多彩なイベントが10日、箱根町でスタートする。駅の装飾や巨大モニュメントの設置、パッケージツアー、フードメニューなど「エヴァ」の世界観に浸れる大規模な企画を展開。国内外からファンらの誘客を図り、相次ぐ自然災害で観光面の打撃を受けた“聖地”を盛り上げていく。

 同アニメは、人型決戦兵器に搭乗する14歳の少年少女と、「使徒」と呼ばれる敵との戦いを描いた作品。仙石原エリアを中心とする箱根が架空都市「第3新東京市」という設定で芦ノ湖や大涌谷なども描かれ、6月に「シン・エヴァンゲリオン劇場版」が封切られる。


特務機関「ネルフ」本部風にラッピングされたイベントスペース=桃源台駅
特務機関「ネルフ」本部風にラッピングされたイベントスペース=桃源台駅

 「箱根エヴァ化計画」と銘打ったイベントは、桃源台駅を「第3新東京市駅」とし、構内を特務機関「ネルフ」本部風にラッピングして「初号機」の大型フィギュア(高さ約2メートル)を展示。箱根登山バスと小田急箱根高速バスに兵器などをデザインし、箱根強羅公園には「ロンギヌスの槍」の巨大モニュメント(高さ約3・6メートル)が登場する。

 温泉テーマパーク「箱根小涌園ユネッサン」では劇中で赤く染まった海をイメージした「洞窟風呂」や、作品にちなんだドリンクやデザートなどが楽しめる。主題歌「残酷な天使のテーゼ」を歌う高橋洋子さんのライブショーやスタンプラリーなども企画され、作品の舞台を満喫できる。


作品をモチーフにした「洞窟風呂」=箱根小涌園ユネッサン
作品をモチーフにした「洞窟風呂」=箱根小涌園ユネッサン

 国内有数の観光地・箱根は昨年、5月に箱根山の噴火警戒レベルが引き上げられ大涌谷園地の立ち入りが規制され、10月の台風19号で箱根登山鉄道が大部分で運休を余儀なくされるなど、大きな打撃を受けた。

 劇場版公開を機に「元気な箱根」を国内外にアピールしようと、小田急グループと藤田観光がイベント開催を企画。作品の版権管理会社と思いを共有し、コラボが実現した。

 9日に実施された報道関係者向けツアーで、小田急箱根ホールディングスの五十風秀社長は「自然災害の爪痕は残るが、聖地を多くの人に堪能してほしい」とあいさつ。版権を管理するグラウンドワークスの神村靖宏代表取締役は「箱根に皆が訪れ、復旧支援の一助になれば」と語った。

アニメに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング