1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 「大山」題材にゲームアプリを開発 学生対象、集中講座

「大山」題材にゲームアプリを開発 学生対象、集中講座

話題 | 神奈川新聞 | 2020年1月10日(金) 05:00

大山阿夫利神社
大山阿夫利神社

 大山を題材に、スマートフォン用のゲームアプリを開発する学生対象の集中講座が11日から13日までの3日間、開かれる。大山がまたがる伊勢原、秦野、厚木3市の主催。

 講座は、アプリの開発を手掛ける企業「タイムカプセル」(本社・岐阜市)の相澤謙一郎代表が講師を務める。

 初日は厚木市役所で開かれるワークショップでデジタル時計などを作り、機器の操作に慣れる。2日目はゲームのヒントを得るため、伊勢原市大山地域のこま参道、大山ケーブルカー、大山阿夫利神社などを散策。最終日に厚木市役所でアプリを開発する。

 講座は大山観光の振興が目的で今回が2回目。前回は大山名物の豆腐を積み上げるゲームを開発した。

 受講無料で定員20人。3市に在住または在学する中学生以上の学生が対象。完成したアプリは今後、配信する予定。問い合わせは、同社の大山アプリ塾運営担当電話058(214)9760。

アプリに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング