1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 無病息災願い、縁起物に魂 伊勢原で「だるま市」

無病息災願い、縁起物に魂 伊勢原で「だるま市」

話題 | 神奈川新聞 | 2020年1月3日(金) 05:00

買い物客が購入しただるまに、火打ち石を鳴らして魂を込める業者=伊勢原大神宮
買い物客が購入しただるまに、火打ち石を鳴らして魂を込める業者=伊勢原大神宮

 伊勢原市伊勢原3丁目の伊勢原大神宮で2日、新年恒例の「だるま市」が開かれた。県内のだるま店2店が、大小の相州だるまを販売。市内外から訪れた大勢の参拝客らが、境内に並ぶ縁起物を買い求めた。

 大神宮によると、だるま市は1年の商売繁盛や家内安全を願い、戦後間もない時期に始まった。高さ12~45センチのだるまが品定めをして購入されると、業者は「家内安全、無病息災、身体健全。健康でありますように」と唱和。「ヨイヨイヨイ」の掛け声とともに火打ち石を鳴らし、だるまに魂を込めた。

 毎年訪れている同市桜台2丁目の無職大庭博さん(70)は「家族がみんな健康で、元気に過ごせる穏やかな年になってほしい。1年の始まりにだるま市に来ると、ほっとする」と、だるまを手に笑顔を見せた。

 大神宮の宮本佳昭宮司は「昨年は台風15号、19号の災害があり、近所の神社も被災した。今年は大神宮創建と伊勢原村開村400年の節目。平穏な年であるよう祈りたい」と話した。

神社に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング