1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 地元旬の野菜PR 麻生区役所で即売会や料理教室

地元旬の野菜PR 麻生区役所で即売会や料理教室

話題 | 神奈川新聞 | 2019年12月27日(金) 15:55

ずらりと並んだ地元産の野菜の品定めをする来場者=麻生区役所
ずらりと並んだ地元産の野菜の品定めをする来場者=麻生区役所

 川崎市麻生区の農産物をPRする催しがこのほど、同区役所で開かれた。収穫されたばかりの野菜の即売会や料理教室を開催。区役所内のレストランでは、旬の野菜をふんだんに使った限定メニュー「かわさきそだちランチ」も登場し、来場者が地元の味覚を堪能した。

 地域の農産物の魅力を伝えるとともに農家と触れ合う場を設けようと、市が主催した。区役所ロビーには農家が店頭に立ち、区の伝統野菜「万福寺人参(にんじん)」やジャガイモ、大根など約25種類を販売。大型農産物販売所セレサモス麻生店も黒川産のシイタケや栗木産の生キクラゲなどを出品した。

 市女性農業担い手の会「あかね会」のメンバーによる料理教室も開かれ、参加者は地元のブロッコリーやニンジンなどを使った料理に挑戦。区役所内のレストランでは「チキン胸肉のグリルトマトソースの地場野菜添え」が限定60食で提供された。

 農産物を販売した生産者団体「柿生野菜生産者直売会」の担当者は「来場者から調理方法を教えてもらうこともあり、新たな発見になる」と語り、野菜を購入した主婦(77)も「新鮮でいろいろな種類が安く買えて助かる」と笑顔で話していた。

野菜に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング