1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 小田原城PRの切手販売

小田原城PRの切手販売

話題 | 神奈川新聞 | 2017年12月3日(日) 17:21

小田原城を題材にしたオリジナルフレーム切手(同支社提供)
小田原城を題材にしたオリジナルフレーム切手(同支社提供)

 小田原市や小田原城の魅力をPRしようと、日本郵便南関東支社(川崎市川崎区)は小田原城を題材にオリジナルフレーム切手を作成した。県西部の郵便局で、2千シート限定で販売している。

 桜や松と一緒に写る天守閣、名所の常盤木門など、小田原城ならではの景観や文化財が印刷されている。1シート1300円で、82円切手が10枚付いている。

 11月29日の贈呈式で、小田原市の加藤憲一市長は「北条五代など城にまつわる、さまざまなテーマが10枚に表現されている」と高く評価。同支社の大谷津善樹支社長は「地域の魅力を込めた。切手が城に足を運ぶきっかけになれば」と期待していた。

 販売しているのは、小田原、南足柄の2市と大井、松田、山北、開成、箱根、真鶴、湯河原の7町の郵便局計53局(簡易郵便局を除く)。問い合わせは、同支社電話044(280)9118。

切手に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング