1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 読書の楽しさ知って 横浜で親子フォーラム

読書の楽しさ知って 横浜で親子フォーラム

話題 | 神奈川新聞 | 2019年12月10日(火) 05:00

軽妙な話術とイラストを駆使して参加者を魅了した鈴木さんの講演=神奈川近代文学館
軽妙な話術とイラストを駆使して参加者を魅了した鈴木さんの講演=神奈川近代文学館

 子どもたちに読書をもっと身近に感じてもらうフォーラムが8日、横浜市中区の神奈川近代文学館で開かれた。親子連れら約200人が参加し、講演や読書活動の事例発表を通じて本と出合う楽しさに触れた。県立図書館、県子ども読書活動推進会議などの主催で、今回19回目。

 フォーラムは2部構成。始めに、画家・絵本作家で鳥の巣の研究家として知られる鈴木まもるさんが「絵本と鳥の巣の不思議」と題して講演した。

 鈴木さんは実際に収集した巣も持参し、研究のきっかけなどを紹介。「子どもたちが元気になるために絵本を作っているが、ある時、子どもを大切に育てるということは鳥の巣も一緒だと気付いた。巣の研究は子育てに通じる」と、創作との共通点を説明した。

 軽妙な語り口で客席の親子たちとも交流。笑いが絶えない会場に「いろいろな本を読んであげることが大事。いろいろな子どもがいていいし、その子らしく生きていけるように温かく見守って」と呼び掛けた。

 事例発表では、青葉おはなしフェスティバル実行委員会が、20年続くイベント開催の経緯や内容などを伝えた。

読書に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング