1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. テコンドー演武に友好誓う 都市韓国・坡州から訪問団

テコンドー演武に友好誓う 都市韓国・坡州から訪問団

話題 | 神奈川新聞 | 2017年11月4日(土) 02:00

 友好都市の韓国・坡州(パジュ)市の訪問団が3日、秦野市を訪れ、テコンドーの演武を披露した。

 一行は大学生を中心にした約30人。同市平沢の市カルチャーパークで行われた「秦野市民の日」に白を基調とした道着姿で登場し、アクロバティックな回し蹴りや跳び蹴りなどで、木の板を次々に割っていった。

 市内に住む保育園児の堤大成君(5)は「楽しかった。ジャンプキックがすごかった」と喜んでいた。演武団の大学生チョ・ヒジュさん(22)は世界大会で優勝したこともある実力者。「日本にずっと来たかった。日本人の優しさやマナーの良さに感動した」と話していた。

 坡州市はソウル北方の軍事境界線に面した都市で、2005年に秦野市の友好都市となった。少年サッカーチームや舞踊団など両市民による相互訪問が毎年続いているが、今年は北朝鮮情勢の悪化で、秦野の小学生サッカーチームと中学生による訪問団はそれぞれ中止となった。


宙返りしながら蹴りで木の板を割る韓国の大学生=秦野市カルチャーパーク
宙返りしながら蹴りで木の板を割る韓国の大学生=秦野市カルチャーパーク

友好都市に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング