1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 灯台の役割を紹介 横浜で絵画コン作品展

灯台の役割を紹介 横浜で絵画コン作品展

話題 | 神奈川新聞 | 2019年11月3日(日) 05:00

展示されている灯台絵画コンテスト入賞作品=横浜第2合同庁舎
展示されている灯台絵画コンテスト入賞作品=横浜第2合同庁舎

 11月1日の「灯台記念日」に合わせ、「灯台絵画コンテスト」の入賞作品が横浜第2合同庁舎(横浜市中区)で展示されている。第3管区海上保安本部の管内から国土交通大臣賞を受賞した国分寺市立第七小学校(東京都)2年の曽根千尋さんの作品などが並んでいる。7日まで。

 灯台絵画コンテストは全国の小中学生を対象に公益社団法人燈光会が主催。今年は932作品の応募があり、27作品が入賞した。

 3管本部がある同庁舎では、世界の灯台のパネル、省電力で長寿命・視認性に優れている最新式の発光ダイオード(LED)灯器を展示。航路標識の歴史や役割を紹介している。

 記念日は国内初の洋式灯台である観音埼灯台(横須賀市)の起工日(1868年11月1日)にちなみ制定され、今年で151周年を迎えた。同灯台は3、4日に一般公開される。

灯台に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング